体内に溜まる毒素の種類と体への影響

体内に溜まった毒素が解消、排出されない場合、体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
こちらでは、毒素の種類と体への影響をご紹介いたします。

有害ミネラル

有害ミネラルとされる成分にはカドミウムや水銀、ニッケル、ヒ素などが挙げられます。
ミネラルはカルシウムや鉄分など、体に良い成分というイメージを持っている方も多いと思いますが、このように有害なミネラルもあります。

特に水銀やヒ素は、魚や海藻などの食品から摂取されるので、それらを食べる機会が多い日本人はどうしても溜まりやすいと言われています。水銀やヒ素が体内に溜まると、疲労感を覚えたり、皮膚炎を発症しやすくなったりします。

有害化学物質

有害化学物質とは車から出る排気ガス、農、タバコの煙などが挙げられます。
特徴は、生活に身近な物から摂取しているという点でしょう。また、ゴミを燃やした際に発生するダイオキシンも、有害化学物質に指定されています。この化学物質が体内に溜まり続けると、アレルギーを引き起こしたり、体の代謝や免疫機能が低下したりすると言われています。

体内から発生する毒素

毒素は外部からだけでなく体内でも発生します。
例えば腸内にある悪玉菌、疲れを引き起こす疲労物質、腸内に便が溜まっていく宿便などが挙げられます。これらの毒素が排出されず体内に溜まり続けると、肩こりや腰痛などの慢性的な痛みや便秘などになってしまうので、早めに解消した方が良いでしょう。状態によっては日常生活に支障が出ることもあります。

これらの毒素の約8割は便から排出されます。その為、宿便や便秘の方は早めに腸内環境を改善・解消して、毒素を排出しやすい体にしましょう。

宿便や便秘などに悩んでいるなら、乳酸菌を積極的に取り入れるのをおすすめします。
弊社が提供している漢方薬やサプリは、食品から摂れる乳酸菌よりも多くの量を摂取できます。また、送料無料となっていますので、全国どちらからでも気軽にお買い求め頂けます。毎日快適な生活を送りたい方は、是非とも弊社の商品をお試しください。