腸にもゴールデンタイムがある

便秘知らずの快便生活を目指すなら、腸のゴールデンタイムについて知識を深めてみませんか。

腸の2つのゴールデンタイム

腸にゴールデンタイムがあることをご存知でしょうか。

○ 食後3時間

食事を終えてから3時間程度は、消化や吸収を行うために腸の活動が活発になるゴールデンタイムです。この時、腸の動きがスムーズでなければ便秘の原因になってしまうこともあるので、腸の働きをスムーズにするためにも腸の働きを司る副交感神経を活発にすることが大切です。副交感神経はリラックス状態で活発になるので、食後は3時間程度リラックス出来る環境を整えることで腸の働きに良い影響を与えることが出来ます。食後3時間の過ごし方で、溜め込む体質か、スムーズに排出出来る体質かが決まります。

○ 夜のリラックスタイム

腸の働きを司るのが、リラックス状態で活発になる副交感神経であるため、1日のリラックスタイムである夜、特に深夜22~午前2時頃は、排泄に関わる活動が活発になるゴールデンタイムです。午前0時から副交感神経が最も活発になるので、快便のためには午前0時までに就寝することも大切な要素の一つと言えます。副交感神経が活発になる時、交感神経を刺激しないようにすることが重要で、そうすることで腸の活動をサポートするのはもちろん、自律神経のバランスを整え心身の健康維持にも繋がります。

日常生活を送る中で、朝食や昼食の後3時間はリラックス出来ない方が多いでしょう。そこで、夕食後の3時間、深夜の時間帯に腸の働きをサポートする生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

腸のゴールデンタイムをサポートする夜の過ごし方

腸のゴールデンタイムに腸の働きをサポートするには、夕食に納豆や漬物といった発酵食品を取り入れると良いでしょう。寝ている間に善玉菌が活発に活動し、消化や吸収、老廃物の排出をサポートしてくれます。また、就寝に向けてリラックス状態になるためにも、よく噛んでゆっくり食事を楽しむことが大切です。食後にデザートが欲しいという方は、腸内環境に良い善玉菌が豊富に含まれているヨーグルトがおすすめです。温めてホットヨーグルトにすることで、体の冷えも避けられます。

弊社では、腸内環境をサポートする健康補助食品を販売しております。便秘にお悩みの方、快便でスッキリとした1日をスタートさせたい方は、日常生活に気をつけるとともに弊社の商品を取り入れてみてはいかがでしょうか。また、健康維持をサポートする漢方サプリメント、医品をお探しの方も、送料無料で全国へお届けする弊社の通販をご利用ください。