便秘の原因と予防

便秘とは?

便が大腸内に長時間にわたって滞留し、排便が順調に行われていない状態をいいます。 健康な人では、1日に1回の有形便が排泄されるのが普通ですが、中には2〜3日に1回の排便習慣の人もおります。
この場合、毎日便通がなくてもこれで十分満足のいくようならば(自覚症状として腹部膨満感、食欲不振、全身倦怠感、腹痛、頭痛、めまいなどがない)、便秘とはいえません。
また、毎日排便があってもその量が極めて少量で満足のいかないようならば、便秘といえます。
このように便秘については明確な定義はなく、一般には3〜4日以上便通がないものを便秘といっております。

便秘の原因!宿便とは?

宿便とは、読んで字のごとく、腸内に宿る便のことを言います。
腸内の無数のヒダに食べ物のカスがひっかかり、それらがやがてヘドロ化し、腸内にこびりついてしまう状態を宿便と言います。
便秘とは違い、「苦しみがなく自覚症状がない」ため、たとえ快便であっても知らない間に腸内に宿便をたんまりと溜め込んでいる可能性もあります。
宿便が溜まると、健康や美容に必要な栄養素が吸収できなくなり、また腸の消化機能も低下し、便秘を招く事になります。

便秘・宿便の主な原因

水分不足により便が堅くなり、腸内に便が残りやすくなる。
食物繊維不足によって腸内環境が悪化してしまう。(善玉菌の低下、消化吸収機能の低下)
便意を我慢してしまう習慣による習慣便秘。
ストレスから自律神経のバランスが悪くなるケイレン性便秘。
運動不足から来る腸の運動機能の低下による便秘。

便秘・宿便の予防法

食物繊維を多く摂取する。
朝食後の排泄を習慣化する。
適度な運動を行う。
ストレスは早めに解消する。

とは言え、上記の方法を実践して行くのはなかなか難しい面もあります。
そんな時には、スッキリ便秘解消セットのような「健康補助食品」や「医薬品」を使用するようにしましょう。

便秘の種類

  • 一過性便秘:環境の変化、一過性ストレス、食事の偏りなどにより腸の運動が鈍ることにより起こる便秘。
  • 弛緩性便秘:虚弱体質、病中病後、高齢、運動不足による大腸
の蠕動低下により起こる便秘。/症状:ころころした硬い便、おなかが張る、胃下垂、大腸下垂、頭痛・肩こり・冷え。
  • 直腸型便秘:排便を我慢する事により便がS字結腸から直腸にかけて滞留し、カチカチになった状態の便秘。
  • ケイレン性便秘:精神的ストレス等により腸が痙攣を起こして便が通過しにくくなり起こる便秘。/症状:鉛筆状、または兎糞状の便。

便秘の改善は「腸内バランスの改善」健康促進と美容効果

便秘を解消するには、腸内の善玉菌を増殖させ、腸内バランスを健康状態に戻すのが一番です。
腸内バランスが正常に保たれると、様々な健康維持に有効であるばかりか、栄養分の摂取が効率よく行われるため、お肌の状態を良くしたりなど美容効果も期待できます。